こめむちまったりブログ

食べるの大好き。食品と料理と本とゲームと映像作品などの感想をマイペースに記録。もぐもぐ。

絵本「ねぐせのしくみ」寝癖は職人が作っていたのだ

 
「ねぐせのしくみ」ヨシタケシンスケ・作
 
有名作家ヨシタケシンスケさんの作品。
もう表紙から面白い。
鏡で自分を見る絶妙な表情、芸術的すぎる髪型、ピンクの髪色、ねぐせがついたような文字。
これは一目見たら気になるように出来ているッ・・・・・・!
 
単純なこめむちはすぐ手に取った。
 
眠っている子供の部屋に次々入ってくる宇宙人のような謎の人々。
彼らが子供のねぐせを作っていたのだ!
 
眠っている子供を転がしてみたり。
ご飯の匂いを嗅がせてよだれを出さたり。
髪を勝手に洗ってみたり。
 
「よだれ、オッケー!」
 
「ねぞう、オッケー!」
 
ってオッケーなのか!?
子供がスゴいことになってるよ!?
 
子供が眠っている間にそれぞれの職人がいい仕事(?)をして帰っていく。
そう、朝のあの寝姿やねぐせは彼らの仕業・・・・・・いや、仕事の結果だったのだ!
 
一つ一つの場面そのものがギャグ漫画のように面白い。
 
別の作品「もうぬげない」も面白いです。
服が上手く脱げず中途半端なままになり、そのまま生きる術を考えたり、絶望したりするお話。
 
こちらも興味を引きすぎる表紙。

もう ぬげない [ ヨシタケシンスケ ]

価格:1,078円
(2020/11/12 23:10時点)
感想(173件)

 

朝、とんでもない寝姿をしていたり。

ねぐせがえらいことになっていたら。

きっとヤツらが仕事をしに来ていたのだ。

 

そう考えると、憂鬱な朝がなんだかちょっと楽しい気分になる。

朝がつらい大人にも是非読んでほしい、笑顔になれる絵本でした!